English | по-русски | 日本語     印刷

リグエキスパート プラス および リグエキスパート スタンダード用トランシーバ ケーブルの設計


リグエキスパート スタンダード/プラスとトランシバの接続は一本のケーブルで行います。ケーブルは個々のTRXに合わせて設計されています。我々は 各社の主要トランシーバ用ケーブル結線図を用意しました。しかし、リグエキスパート シリーズはそれ以外のすべてのTRXとも接続できる筈です。

ケーブルはDサブ25ピンコネクターを MixWリグエキスパートに接続し、Dサブの反対側に結線されているコネクターをTRXに接続します。

ケーブル設計に必要な情報は下記にあります。

ケーブルが取扱える機能;

  • オーディオ入出力
  • CATインターフェース
  • PTT機能
  • CWキー機能
  • CWパドル
  • FSK機能

特定のTRXでは上記機能の幾つかがサポートされません。従ってケーブル作りで最初にやることは、ケーブルが網羅すべき機能を決めることです。TRXの取説と回路図にはコネクター説明だけでなくTRX機能の詳細が網羅されています。

素晴らしいケーブルを設計するには次の事を考慮してください。

  • ケーブル長は2m以下
  • シールド - オーディオ入出力のシールド線は必須、 他の線も出来ればシールド(複芯シールドも可の場合もある)したほうが良い
  • コネクターの数を少なくする
  1. ケーブル設計の考え方;

    1. MixWリグエキスパートとTRXの機能を勘案しケーブルに盛り込む機能を決め・・、
    2. その機能を実現できる複数の方法を考え(例えば、特定の信号線をTRXに接続する様々な方法を考慮する)・・・、
    3. 使用コネクターの数を最小に出来る方法を選択する。オーディオ入出力

オーディオ入出力

オーディオ入出力の接続には幾通りかの組合せがあります;

  • MIC_TRCVR (リグエキスパートスタンダード/プラスのオーディオ出力) は次と接続できます。
  1. TRX全面のマイクコネクター または
  2. オーディオ専用入力(RCA か3.5mm PATCH INコネクター) または
  3. 多数の線を接続する共有ソケット(ACC、DATA または PACKETコネクター)
  •  SPK_TRCVR line (リグエキスパートスタンダード/プラスのオーディオ出力) は次と接続できます。
  1. ヘッドフォーン又はスピーカーコネクター または
  2. オーディオ専用出力(RCA か3.5mm PATCH OUT またはライン出力コネクター) または
  3. 多数の線を接続する共有ソケット(ACC、DATA または PACKETコネクター)
  • AGND_TRCVR (アナロググランド) はTRXのアナロググランドに接続してください。 GND (#11 および#24)を25ピンコネクターの AGND_TRCVR に接続してはいけません。 もし、そのようにするとリグエキスパートスタンダード/プラスのトランス結合によるオーディオの利点が失われてしまいます。

下図はオーディオ入出力接続例です。オーディオ入出力には常に単芯シールド線を使います。


CI-VインタフェースによるTRXとのCAT接続

殆ど全てのアイコム製TRXはCI-Vインターフェース機能を搭載しています。 CATデータの入出力は2線式でなく単線で行われます。普通は3.5mmΦのプラグでTRXと接続します。

  • リグエキスパートスタンダード/プラスの25ピンコネクター上でCIV_IN と CIV_OUT をショートし、3.5mmプラグのホット側(真ん中の端子)に接続します。
  • GND (グランド) は3.5mmプラグのグランドに接続します。
  • リグエキスパートスタンダード/プラスの12V_TRCVR入力は VCC (MixWリグエキスパートの+5V 出力)、+8V ~ +13.5Vの外部(TRX)電源、またはMixWリグエキスパートの+12V 出力と接続します。

下図はCI-V入出力接続例です。

 

RS-232互換CATインターフェースによるTRXとのCAT接続

対象となるTRXは通常CAT接続用にDサブ9ピンコネクターを備えています。

  • TXD12VはMixWリグエキスパートのCAT出力へ
  • RXD12VはMixWリグエキスパートのCAT入力へ
  • GNDはTRXのグランドへ

手順は次の通りです;

  1. ケーブル端のコネクタータイプを決める(Dサブ9ピンのオス又はメス)
  2. RXD12V/TXD12Vの接続先を確かめる(通常、この2本はDサブ9ピンコネクターの2 と 3 ピンに接続します)
  3. Dサブ9ピンコネクターの7 と 8 ピンをショートする必要があるか確かめる

下図はDサブ9ピンコネクターによるCI-V入出力接続例です。

 

5V CAT(RS-232と同極性)インターフェースによるTRXとのCAT接続

これらのTRX (普通は6ピンDINのCATコネクターを備えたケンウッド)はPCのシリアルポートに接続するIF-232互換のインターフェース・ボックスの使用を前提に設計されています。

  • TXD5Vはリグエキスパートスタンダード/プラスのCAT出力へ
  • RXD5Vはリグエキスパートスタンダード/プラスのCAT入力へ
  • GNDはTRXのグランドへ

下図はMixWリグキスパートと6ピンプラグの接続例です。ケンウッドのTRXにおいては、ピン#4と#5(CTS and RTS)をショートします。

 

5V CAT(RS-232と逆極性)インターフェースによるTRXとのCAT接続

該当TRXは(普通)MINI-DIN CATコネクターのヤエス製TRXで、オープンコレクターの出力バッファーを持っています。

  • CIV_OUT と CO_PULLUP をショートしてリグエキスパートスタンダード/プラスのCAT出力にします
  • CIV_IN が リグエキスパートスタンダード/プラスのCAT入力になります
  • GNDはTRXのグランドへ

下図はリグキスパートスタンダード/プラスとの接続例です。 通常はTRXの取説にCATコネクターのタイプとピン配置の説明がされています。

 オープンエミッターバッファーの 6-pin DIN CAT コネクターを備えたTRXに最適な結線は下記になります。

  • CIV_OUT と CO_PULLUP をショートしてリグエキスパートのCAT出力にします
  • RXD_OE が リグエキスパートのCAT入力になります
  • RXD5V を VCC に接続してRXD_OE入力を可能にします
  • GNDはTRXのグランドへ

下図はリグエキスパートスタンダード/プラスとの接続例です。 通常はTRXの取説にCATコネクターのタイプとピン配置の説明がされています。


PTT の接続

通常、TRXにはオープンコレクターのPTT出力が必要です(グランドに落として送信)。しかし、いくつかのTRXではプラス電圧のPTTが必要です。PTTはTRXのPTT専用コネクター、パネル前面のマイク端子またはDATA, PACKET または ACCのようなマルチファンクションソケットと接続します。

  • PTT_OC はリグエキスパートスタンダード/プラスのPTT出力
  • PTT5V はプラス電圧 (+5V :PTT アクティブ時) 出力
  • GNDはTRXのグランドと接続されます

下図はPTTの接続例です。

CW キーの接続

最近の大半のTRXはCWキー入力を備えています。 入力コネクターは普通3.5mm か 6mm ソケットです (ステレオまたはモノ用のジャック - TRX取説参照)。

  • CW_OCはCW キー出力で、リグエキスパートが短点とか長点を発生すると、グランドに落とされます
  • GNDはTRXのグランドと接続されます

 

CW パドルの接続

リグエキスパートプラスはシングル又はダブルパドルに対応するエレキーを内蔵しています。

  • DITまたはDAH をグランドに落とすことで短点または長点を発生します
  • GND はCWパドルの共通グランド

リグエキスパートプラスはCWパドルソケットを備えていますが、下図は25ピンコネクターを使ったCWパドルの接続例です。通常は 、パドルと接続する3.5mm または 6mm ソケットをシールド線または単線にて25ピンコネクターと接続します。

 

FSK 入力の接続

ほとんど全てのTRXはRTTY用のFSK入力を備えています。 入力はTRXの背面にある専用のRCAまたはDINコネクターないし、ACCとかDATAコネクター経由で行います。

  • FSK_OCはリグエキスパートスタンダード/プラスのFSK出力(大概のTRXの仕様であるオープンコレクター)
  • TRXがオープンコレクター入力でなく5V FSKが必要とする場合、FSK_PULLUP (内部プルアップ抵抗) を FSK_OCに接続します
  • TRXによっては, FSK12V (RS-232互換FSK出力) が必要なこともあります


 
Share this page: